楽読受講規約

お申込にあたって、以下の規約をよくお読み下さい。


当お申込みは、申込者とお申込み手続きいただく楽読スクールとの間で成立するものです。

楽読本部はこちらのお申込システムを提供しており、実際のサービス提供の主体は以下の通り、各楽読スクールの運営事業者となります。


サービス申込者(以下、乙という): 受講申込者

サービス提供者(以下、甲という): お申込みいただく楽読スクール



乙は、学習サービス(以下「本サービス」という)の申込を行い、以下の規約を遵守履行することを誓約する。 


第1条(申込の成立)

 乙は本申込書記載の内容を承諾の上、甲の提供する本サービスの申込を行い、甲は乙の申し込みを承諾する。ただし、乙が未成年の場合は、親権者の同意を必要とする。

  

第2条(本サービスの提供場所及び内容)

 甲は受講者に対し、楽読レッスンなどの学習サービスの提供を行う。サービス提供については、原則受講者が甲の指定するスクールもしくはオンラインで実施する。


第3条(受講期間)

 本サービスの受講期間は、申込フォーム記載の期間とする。

 乙が選択した回数は月内のみ有効であり、翌月に持ち越すことはできない。

 

第4条(受講料の支払い)

 乙は本サービスの支払いを申込フォーム記載の方法で支払うものとする。 


第5条(講師の人選及び変更) 

 本サービスを行う講師は、甲の判断で配置し、予告なく予定の講師が変わる場合があることを乙及び受講者は了承するものとする。 


第6条(サービス提供の範囲)

 甲が提供するサービスの範囲は第2条に記載する役務提供内容の範囲に限定するものとする。 


第7条(通知義務)

 乙及び受講者が講師の勤務態度もしくは指導内容に疑義があるときは、速やかにその内容を甲に通知するものとする。 

2 乙及び受講者は申込書フォームの住所、電話番号等に変更が生じるときは、その変更内容を遅滞無く甲へ通知するものとする。

  

第8条(著作権等)

 甲が授業中に提供した資料や指導ノウハウについては、著作権法上の第18条から第28条までの著作権者としての全ての権利が甲に存することを確認し、乙及び受講者はその権利侵害をしないことを誓約する。ゆえに、指導ノウハウ等を甲に無断で使用することはできない。 

  

第9条(秘密保持及び個人情報保護)

 甲、乙及び受講者は、本サービスにより知り得た相手方の秘密を、本規約に定める目的以外に第三者に漏洩し、利用してはならないものとする。これは本サービス終了後も同様とする。

2 甲は乙及び受講者の個人情報については厳重に管理し、これを外部に漏洩してはならない。

  

第10条(権利の質入及び譲渡)

乙は、本サービスにおいて保有する権利及び義務の全部又は一部を、甲の書面による事前の承諾なく第三者に譲渡及び質入することができない。

  

第11条(クーリングオフ)

 乙は受付メールを受け取った日から8日間は、受講解除の意思を甲に対して書面で発送することにより、本サービスの解除ができる。この場合には、甲は乙から受領した代金の全額を速やかに返還するものとし、乙には、解約損料や既に利用したサービスの対価等の一切の負担は発生しない。また、甲の責によりクーリングオフ妨害があった場合は、乙の誤認や困惑が解消するまで、受講解除の期間が延長される。この場合は、経済産業省令で定められた本サービスが解除できる旨を記載した書面を、甲が発行して乙が受領した日から8日間は、受講解除ができる。

2 教材等が既に引渡されているときは、その引取りに要する費用は甲の負担とする。 

3 クーリングオフによる本サービスの解除は、乙が本サービスを解除する旨を記載した書面を、甲宛てに発信した時に、その効力が発生するものとする。


第12条(中途解約)

1 有効期限1カ月を超えるチケットに関しては、第11条の期間を過ぎて、中途解約する場合も返金は一切行わない。

2 1カ月単位の継続契約に関しては、差額の返金等は行わないが前月の各スクールが指定する期日までに書面や電子メール等で申し出ることで、翌月分の継続を停止することができるものとする。


第13条(本サービスの効果)

 教習の効果については個人差があり、本サービスはその効果を確約する性質ではないことを乙及び受講者は承諾するものとする。


第14条(受講に関する注意事項等)

1 乙及び受講者が体調や精神状態がすぐれない時は、速やかに講師にその旨を伝えたうえ、受講を中止し、退室して静養に努めること。甲は乙及び受講者の体調不良に関する責任は一切負わない。

2 乙及び受講者は甲の各スクールにおけるインストラクターの指示に従い、レッスン中における各種トレーニング(眼筋トレーニング等)において、自己の体調を考慮し、無理せず自己の責任において行動するものとし、甲及びインストラクターに対して一切の損害を請求しないものとする。

3 乙及び受講者は他の受講生に対して、宗教や政治運動、マルチ商法への勧誘等、学習にふさわしくない行為をしないこと。甲がそれらを発見した場合は、乙及び受講者に退場を命ずることができる。

4 乙及び受講者の通学途中の事故やトラブルに関しては、甲は一切の責任を負わず、またスクール内における他の受講生とのトラブルについても同様とする。

  

第15条(本サービスの解除)

 乙及び受講者が次の各号の一に該当する事由が生じたときは、書面による通知により本サービスを解除することができる。

(1)体調や精神状態が著しく不良で、受講の継続が困難であると認められるとき

(2)甲の再三の指示にも従わず、学習にふさわしくない行為を繰り返したとき

(3)上記の他に本規約に違反する等、本サービスを継続しがたい事由が発生したとき

2 前項第2号及び第3号による本サービスの解除にともなう返金は行わない。

  

第16条(損害賠償)

 甲及び乙は、債務不履行等により相手方より損害を被った場合は、その損害賠償請求を行うことができる。但し、その損害賠償の金額については本契約により乙が支払いをすべき金額と同額を上限とする。

  

第17条(不可抗力)

 本規約上の義務を、以下に定める不可抗力に起因して遅滞もしくは不履行となったときは、甲乙双方本サービスの違反とせず、その責を負わないものとする。

(1) 自然災害及び伝染病 

(2) 暴動、戦争、内乱、革命及び国家の分裂 

(3) 火災及び爆発

(4) ストライキ及び労働争議

(5) 政府機関による法改正

(6) その他前各号に準ずる非常事態

2 前項の事態が発生したときは、被害に遭った当事者は、相手方に直ちに不可抗力の発生の旨を伝え、予想される継続期間を通知しなければならない。

3 不可抗力が90日以上継続した場合は、甲及び乙は、相手方に対する書面による通知にて本サービスを解除することができる。

  

第18条(協議)

 本規約に定める事項について疑義が生じたときは、日本国内法に基づいて甲乙協議の上、解決するものとする。

  

第19条(合意管轄裁判所)

 本規約について紛争が生じるときは、甲の本店所在地の裁判所を第一審の専属裁判所とすることに合意する。


 個人情報保護方針 

・お預かりする受講生様の個人情報は、私たちの提供するサービス内容に応じて適切に個人情報の取得、利用をいたします。 

・個人情報の利用する項目は受講生様に書いていただいた情報と、レッスンに関する記録になります。

・お預かりした個人情報の使用目的は、サービスに関する連絡及び通知、弊社からの情報提供(広告を含む)、カスタマーサポートのご提供、お客様のご意見やご感想の回答のお願い、統計資料の作成で、その達成に必要な範囲を超えた個人情報の取り扱いを行わないこと、及びそのための措置を講じます。 

・個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改竄及び漏洩などのないように予防処置を取ります。 

・個人情報に関する法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。 

・私たちに対する苦情、本個人情報保護方針に関するご質問は、お電話やメールにてご連絡ください。

 

 楽読本部

 電話 06-6359-1997  メール  info@rth.co.jp